FC2ブログ

20181101 GRN Friendly Sealed League 何回目だ?

気がついたら実験の狂乱が3枚溜まってるぞ…??

で、今回のカードプールは?
・・・青のカードが絶望的に弱い・・・つまりイゼット、ディミーアが死亡?
というわけで、セレズニア、ゴルガリ、ボロスのデッキを組んでみたが、ぱっとみどれも2級品。

ゴルガリ:これといった決め手がない。せめてギルド剣・・・
セレズニア:1/3飛行か、2/3飛行教導とかで空から行けそうだけど、サイズが足りない。イマーラちゃんがいても数を有利に持っていくカードもない。
ボロス:2マナ域がとっても充実してるけど、コンバットトリックも無ければ1マナの鳥もいない。

といった具合。ちょうど今日、Cygamesの記事で「ゴルガリバニラビートダウン」記事を読んだので、肉多めのゴルガリで行くかと。さらにギルド門持ってくる3マナ2/2が2体、イゼット門、戦親分(2赤 2/2 教導 戦闘開始時に1/1ゴブリンを出す。)とエトラータ(2黒青 3/5 ブロック不可 ダメージが通ると、相手の生物取り除いて自分はライブラリに戻る。あとはインクのしみ)を無理やりタッチ。レア4枚ぶっこんだ、生物18枚、除去6枚、土地17枚の41枚デッキが完成。え?1枚削れよって?

で、1戦目。
ボロスにガッツリ責められて残りライフ1から、4マナ10/10誕生→やむを得ず除去の生贄にした結果、10点ライフ回復、その後4/4 宿根でライフ回復で気がつくとライフが20に戻ってました。
あとは4/4で殴って勝てた。とか。

2戦目の3本目、相手がX緑白を生物3体で召集して6/6で召喚→2黒黒の3マナ以下破壊で更地に
→相手から怒りのチャットがとどきだす・・・!
とか。

「おい!セット見直したけどそんなカードあったのかよ!」
「*4文字*」
「黒が弱いと思ってたけど間違いだったわー」
「その卑怯な全体除去のおかげでお前の勝ちだわ」
「そんなカードがあるかもしれないって思ってたけどさー」
いや、盤面的にはイーブンじゃないですかー。
5/5トランプル出てきたから、致命的な訪問っと
「おい、除去10枚位入ってるの?」
「汚い、マジ汚い」
「そんな褒美を神様からもらいたかったぜー」
「これで4パックもらえるところだったのになー」
除去6枚っす。盤面はまだ五分ですぜ?
お、やっと4/4引けた。ほらよー(ついでに5ライフゲイン)
「あー、ゴルガリビートはセレズニアにはきっつい」
4/4の召集するとカウンター置くやつを素で出してきた
「こいつ来るの遅ぇよ…」
うん、そいつが一番怖かったから致命的な訪問っと(2枚め)
「全部除去られるwwww」
その後、8/8と3/1飛行を出してトドメ。

いやー黒は強いよ。弱いのは緑だよ・・・??
というわけで現在2-0。こうやって調子こいた記事書くと負けるんやで。




スポンサーサイト

trackback

comment


<<20181104 Friendly Sealed League  HOME TOP 20181016 GRN Friendly Sealed League 4回目?>>