20171013 IXALAN SEALD

3回目。パック開けたのは2回目のが終わった直後だけど。

レアとか。
1W 1/3 ETBを封じる
G エンチャント 自軍生物が相手能力の対象になると1ドロー
2GG 3/3 XGGで土地を0/0にしつつ+1/+1カウンターをX個おく
2 アーティファクト 1,T:占術1してカウンター乗っける。3つ乗ると、宝物を3個出しつつ裏返る。
裏返ると、宝物サクって1ドローできる
緑白M10ランド
あと1枚なんだっけなー。覚えてねぇ

プールとして
除去が豊富(全部で5枚くらい?)かつ場に出ると同じ名前のクリーチャーを引っ張れる2/2が3枚、2Bで2/2飛行が3枚と横並びできそうな吸血鬼。
カウンターおいて格闘×2と火力×3枚を要する恐竜(だが4/4が最大)の赤緑。
宝物の地図はどっちにも入ってアド取れるのでまぁいいかな。

吸血鬼は、並べれるけど、耐える力とフィニッシャーが不在。遠距離攻撃もない。
恐竜は、大きさが足りなくて突破力がなさそう。
とどっちも不安。お約束の2デッキふらふら使ったけど、Stage1は望外の3-0。どっちもそこそこ強い(けど文句なしに強いわけではない)感触。
とはいえ、やはり線の細さが気になるので、吸血鬼はやめて、恐竜に絞っていきました。

Stage2はまさかの0-3、Stage3は2-1と最終的には5-4と締まらない結果に。おう、240まで10pt足りないとか…

途中から恐竜に入れてたのが継ぎ当ての翼(飛行装備品)地上でもサイズで勝てないけど、恐竜が飛んだら強いやんといれたけど、これもう必須じゃない?アタックからの対空ブロッカー生成と装備マナも1なので取り回ししやすい。

吸血鬼つかってみたけど、除去は強いものの重い。展開失敗するとほんと取り返せないイメージだった。カットラスほんと重要。

記憶に残った試合もの。
相手がライフ回復するインスタント使われ、こっちは生物が小さくて相手の3/5が超えられずに膠着状態に。で、ライブラリアウト狙って動いたけど、あのスペル、ライブラリの一番下に戻るのかよ!
毎ターン20点近く回復される状況になったら勝てるわけねぇ。→次の試合も川の叱責でフルボッコにされた。

相手がターンのすべてをストップする設定だったらしく、レスポンスにすごく時間がかかる。しかも1本目が長引いてライブラリが一桁になる展開だったので、2本目移るときにはもうあいての残り時間が5分以下。なんかマジックで勝った気がしないけど、注意しないとすぐ時間なくなるのよね、MOは。

とまぁ、そんな状態でした。
リリアナが高騰しすぎてジャンド死の影が完成する気配がないので、タルモ3枚うってLiving End作って遊んでます。墓地活用コンボ楽しい!あ、RIPと遺産と虚空の力戦と呪文爆弾とトーモッドの墓所と漁る軟泥と、たか墓地対策だけは簡便な!(全部横行してますねぇ・・・)




スポンサーサイト

trackback

comment


<<20171116 HOME TOP 20171007 Ixalan Seald>>