どれっじ練習帳

twitterの内容じゃ何言ってるかわからん。
相手はBGW。ナチュラルに対策カードがいっぱいなのかな?

1戦目。
ダイスロールに勝っちゃったので、後攻選択。はいデッキばれたーww
2T目にサリア降臨。勝ち手段は、ナルコビートか、橋とイチョのシナジーしかなくなりました。
全てのスペルに1マナ追加になりますが、マナが出ませんから。
ナルコ3体でたり、冥界の影で粘ってみたけど、《漁る軟泥/Scavenging Ooze》様も降臨。
もうなすがまま。あれってライフまで回復するのか…卑怯な…

2戦目。
相手死儀礼スタート。
ディスカードした墓トロールに対して、リムーブを要求してきたので、対応して《通りの悪霊/Street Wraith》サイクリングで回避+発掘。
そのまま返しのターンにパーツがそろったのでスパイコンボ発動で2Tキル。

3戦目。
2T目まで相手土地を置くだけ。
こっちも2T目に《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》して前方確認。
《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》2、《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》とか。
騎士をセラピーでと思いましたが、こいつが手札にいました。捨てるの忘れてた。反省。
3T目、ゼニスから《漁る軟泥/Scavenging Ooze》。騎士2枚につられずに、ゼニス落とすべきだね。
しかし、返しに発掘でうまいことパーツがそろったので、スパイコンボでそのままフィニッシュ。
サリア持ってこられたらとか考えたけど、ゼニスは緑クリーチャー限定か。よかった。

いまだ負けなし(5-0)。とはいえ、今回はドロー(発掘)運に助けられた。

触ってるとわかるのが、冥界の影の重要さ。
相手の2T目Endでうまくディスカードもしくはサイクリングからの発掘を行えば次のターンには場にいて貴重なダメージ源かつセラピーやリターンの餌になります。

ナルコブリッジの基本ですが、イチョが場から離れてゾンビが出てくる動きも非常に強いですね。
橋2枚落ちてりゃもう勝った気がします。ま、相手の自害でしょんぼりすることも多そうですが。

しかし、マナレスは本当にお互いがサンドバッグ状態ですね。
妨害入ると対処する術がない。

サイドの勉強もしていますが、まだ勉強不足。というかサイドカードが結構高いのね。
ディスカードで対象の墓地カードリムーブするフェアリー
結構重要そう。《外科的摘出/Surgical Extraction》対策、リアニ対策として。
白力線
一部墓地対策、ハンデス対策になるのかな?
セラアバターとか、大始祖とか。
いまいち効果がわからん。同系のスパイが自分に向いたとき(まずねーよ)
ぺインターコンボの対応
妨害によってスパイコンボで1T必要な時とか?

とはいえ、今の「サイド?知らん。最速構成で2Tキルで相手を黙らせるだけよ」ってのも重要な気がする。
スポンサーサイト

trackback

comment


<<どれっじ練習帳 HOME TOP マナレスドレッジ使ってみた。>>