お前は何が言いたかったんだ?

■会話→お互いの理解を深める作業
重役を含めての打ち合わせ。なお、自分は対して発言権は無い。
目標:エンジニアの常駐に対して、そのコストを納得してもらう。そしてそれを実行する。
結果:各未解決事項のコストを算出して提案する。
補足:常駐に対するアプローチはほとんど無い。

一体何がしたかったのかよくわからない話し合いだった。
正直、成果があったとは思えない。

なお、目標が問題なく達成できていれば、結果に必要なまとめ作業は不要になっていたと思う。
それはユーザーの担当者も同様の意見を抱いていた。
「どうして、ああなったんですかね?」
だれがその不要な作業をやるって?俺だよ!?

■信頼を得る
・ユーザーへの反応が良さそうな、簡単な修正を適度に加えてレスポンスを確認する。
・そうやって好意的な反応を集めたあと、じっくりと潜り込んで重要な箇所を開発する。
・システムの効率的な開発ではないけど、ユーザーへの満足度を少しづつ上げて信頼を得ておきたい。
・だって、「瑣末な使い勝手の話」って、使う方には結構重要な問題だぜ。

■今やるべきこと。
前を向いて、一歩ずつ確実に踏み込んでいくこと。

■で、お前は何が言いたかったんだ?
察してwww
スポンサーサイト

trackback

comment


<<DTK ドラフト 4322 HOME TOP DTKドラフト 4322>>