AVRドラフトー

とはいえ、まだ6回しかやってないけどな。AVR×3ドラフト。

すべて4322で、3落、1落、1落、1落、1落、優勝というなんともバランスの悪い構成。
ちなみに勝てたときは最初から黒決め打ち状態。

優勝したときなんざ、初手で《人殺しの隠遁生活/Homicidal Seclusion》3手目位もソレ。そのう3枚目も来たけどソレはスルー。3パック目の6~7手目位に《悪魔の監督官/Demonic Taskmaster》というだれもやってないの状態。
2パック目の終盤に拾えた《骨の粉砕/Bone Splinters》とかねー。

リプレイ見てたら《血の芸術家/Blood Artist》2枚はいった黒がいたけど、そっちは買ってませんでした。

他の時は赤白中心だった気がします。が、そういう時は引きが全く咬み合わない。
低マナ域をバラバラ並べたいのに、土地しか引かないとか、4枚目の土地が来ないとか。
ちょっとテンポをつかみそこねるとそこからあっという間に殴り負けますね。
AVRは特にそんな傾向があるけど、いや、M12もZENもISDもそんな感じだったか。
ピックしてると2マナ域がすごく確保しづらい感じが。絶対数が少ないのか、人気が高いのか。M12のときはテキトーにやっても2マナ域7枚のデッキが組めてサクっと殴りきれたのにね。

しかし、黒が絡むと引きがすんなり行けるのはアレか、好きな色を使っているというテンションのおかげか。
スマートに5ターン目に隠遁した監督官で殴りだせばそりゃ相手もどうしようもねーけどな。

M12とかZEN×3みたいな「これで勝つる!」パターンをまだまだ見つけ出してないですよ。そこまでやり込めてないし。ISD-DKAとかも2回くらいしかやれてなかったしなー。

さて、ちょっと経つとすぐにM13が出てきます。
MTGもリリースが早すぎておじさんついていけない。もっと時間欲しいなぁ。

というなんともまとまりのない文章となりました。
要するにMTGの話出来るやつ欲しい。(チラッチラッ)
スポンサーサイト

trackback

comment


<<何故か真面目な話。 HOME TOP 誕生日でした。>>