適当更新その2

じゃ今度は漫画の話でお茶を濁してみるテスト
最近読んだ漫画とかね。今更感漂うモノもあるけどな。
取りあえずamazonへリンクはっときますね

仮面のメイドガイ
生活能力皆無の富士原姉弟の所に大富豪のおじいちゃんから遣わされた姉弟それぞれの好みの(とおじいちゃんが思ってる)メイドさん二人。一人は清楚ないつもの(w)メイドさん、もう一人は筋骨隆々の仮面のメイドガイ!

いやね、タイトルと表紙とタイトルロゴで購入意欲をそそわれたので買ってみた(ぉ
数々の特異能力(w)を持つメイドガイ・コガラシのぶっちぎりっぷり+ちょっと危険なメイドガイテイマー・フブキたんへの萌え+主人公(?)の富士原なえかタンの胸が良い漫画です。
俺的にはなえかとフブキのやり取りが萌えポイントですな。



スキップビート(10)
芸能人の幼馴染、ショータローに裏切られたキョーコは、復讐の為に芸能界へ乗り込むことを決意。ショータローがライバル視している俳優、敦賀連と同じ芸能プロダクションに(無理矢理w)入り込む。敦賀連の演技に魅了され、俳優としてキョーコは成長していく。が、もちろんショータローへの恨みは忘れてませんぜww

彼女さんが「おもろいよー」と読ませてくれました(その頃は5巻くらいかな?)少女漫画は読んでると周囲の人間関係について考えたくなることがあるんだよな。
要するに芸能界漫画です。少女漫画じゃ多分手垢の付いた題材だと思うけど、少女漫画は殆ど読まない俺としてはこれが始めて。主人公のキョーコはすごい妄想家なんだが、多分それが役者としての演技作りに役立っているんだと思う。入り込んだら抜けられないっつーね。連とショータローのそれぞれのキョーコへの想いを、キョーコ本人は全く気にしてないんだよなー片方は師匠で片方は仇敵か。正直、それぞれの関係をソコまで深く読みきれてないだろうけどな。人間関係への反応鈍いし、俺。(リアルでも)

皇国の守護者1
佐藤 大輔の同名小説を漫画家。日本ぽい<皇国>にロシア+ドイツっぽい北の大国<帝国>が突如攻め込んでくる。圧倒的に不利な状況で主人公の所属する部隊は撤退までの時間稼ぎを行うことになる…

これも表紙とタイトルで買ったモノ。いや、剣牙虎と軍服と<皇国>。燃えね?
原作は読んだこと無い(つーか調べるまで存在すら知らなかった)けど、細かい世界観設定や、戦術、舞台の描写とかがたまらないです。あと主人公が臆病者でドライで悪人っぽいところ。おいら的に<帝国>軍の突撃シーンが壱番燃えた。
「ウーラン!ツァーーリ!!」
しかし、完結するのが何時になるのかすごい不安だ。

げんしけん 6
某大学の良くあるオタクサークルの日常漫画。ココ見てるやつらには説明不要か。この漫画のポイントは春日部サキの一般人的な視点を用意している所なんだろうね。

えーと、似たようなサークルに所属してたおいらとして笑えねぇ場所もいくつか。以前の同人ゴロの所とかなww
荻上が堕ちていく様がめちゃ面白かったんですが。なんか俺もあんな感じで色々着てしまった様な気がするよ?オタクが読むとその身近さが心地よいんだろうなこの漫画。
あ、なんかふつーに同人誌つきが平積みされてたからついソッチ買っちゃいました。俺も近々タネがはじけそうです。

シャーリー
エマの森薫の過去のメイド作品集。13歳のシャーリーのお話と5歳の少年とネリーのお話、いたずら好きの主人とメアリのお話を収録。

エマ自体は1巻しか読んだことないけど、淡々をリアルな時代考証を元にメイドのお話を描いてます。ホントのメイドはこーゆーもので決してエロではないんだ!(うわー俺が言うと説得力ない?)俺も正統派メイド萌えですよ?これが私のご主人様のメイド服とかアレは邪道ですぜ!
で、なんだ、シャーリーが可愛くてたまらん。萌えっつーか可愛いんだ。それに尽きる。

こうやってだらだら並べてみるとマジでオタクっぽいラインナップだな。メイド者2点とか(半ば意図的だが)。つーかスキップビートが浮きまくっとるw
このところストレスのお陰かもりもり漫画買いたい気分で一杯です。とりあえずD-LIVEでも買うか。10冊。きっとA-LIVEも単行本化してくれるに違いない。そう期待したい。D-LIVEはJoJoポジションなんだろうか?ARMSとかスプリガンとかよりよっぽど面白いんだけどなー。
スポンサーサイト

trackback

comment


<<なぜか。 HOME TOP 適当更新。>>