アジアって何処までだっけ?

ちょいと前から色々と楽しげな動きをしている中国様ですが、それに対応する形なのか、アジア・アフリカ会議において小泉首相が公式に過去の戦争に対する謝罪をしました。

これに関して、最初読んだ時は、またヘタレ外交なのか…一体何度謝れば日本は気がすむんだ。今回の暴動と、ソレに対する海外のレスポンスを利用して、その歴史認識とやらの外交カードを使えなくすることは出来ないのかねぇ。とか思いました。

が、ちょいと今日ネットをふらふらしてみると、今回の宣言を海外メディアは評価してるようだし、極東三国にいろいろ意見するblogでも評価している人も見受けられる。

で、取りあえず全文を呼んでみることにしました。
ちゃんとあるんだよね。新聞では読めなさそうな気がする。

アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ

…これからの行動によって、如何様にも効果がありそうな感じを受けました。プラスにもマイナスにもなりそうです。ただ、どっちに転ぶにしても非常に大きい効果になると思います。「諸刃の剣」って所ですかね?

さて、謝罪の側面だけを殊更強調されて、ヘタレ外交国家になるのか、そんなこともあったけど、これからも今までのように世界の発展に努力していきます。という話が聞いてくるのか。

で、又増マスゴミ批判みたいになるわけですが、「村山談話的謝罪をまたしました」ってスタンスが多すぎないかな?これは一部の人たちの認識するアジアに向けてのメッセージではなく、世界の中のアジア・アフリカに向けてのメッセージですしね。中国の最近の言動を考慮しまくった内容では無いはず。
その後の日中首相会議の「言われるだけ言われて終わりました」って内容と絡めてヘタレイメージを出すことは、スピーチの真意をぼかしてしまうのではないでしょうか・・・?

参考にしたブログのリンク。

Irregular Expression : AA会議 小泉首相演説を読む

log : 謝罪も賠償も要求しなかった茶番劇。歴史の連続性
fuumblog : [小泉君]結論が出るのはまだ先だと思う
etc...

TBはなんか恐れ多くて打てないなぁw
スポンサーサイト

trackback

「アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ」を論じたブログいろいろ(2)

「アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ」を論じたブログいろいろの続きです。例によって上下の並び順に意味はありません。前のエントリが字数制限にひっかかったので更新は終わりにするつもりでしたが、あちこちで面白いブログを見つけるとリンクをコレク

comment


<<俺は大好きだったんだけどなぁ。 HOME TOP 今回で2回目だよ…?>>