ギルドパクト プレリリース

ビックリするほど久しぶりにMagic記事だよ!というわけで、ギルドパクトのプレリリースに出てきました。せっかくなので前日にL.E.D氏も誘ってみたり。

エントリを済ませてデッキ構築開始。
とりあえずショックランドさえ引ければ俺は勝ち組のはずとかなんとか考えながらパックをビリビリ。

ギルドパクト編
1.《猶予の石/Moratorium Stone》
2.《彫像の威圧者/Graven Dominator》
3.《債務者の弔鐘/Debtors' Knell》
…オルゾフしか組ませませんよ?とカードたちも言っているようです。

ラヴニカ編
1.《雲石の工芸品/Cloudstone Curio》
2.《ラジアの浄化/Razia's Purification》
3.《ボロスの大天使、ラジア/Razia, Boros Archangel》
…ラジア!ラジア!ボロス!ボロス!

と、言うわけで、オルゾフをメインに据えつつ、ボロス風味に仕立ててとりあえずレアを4枚突っ込んだデッキを作成。なんというか何時ものようにレアさえ使えればシールドおっけーというアバウトなつくりにないました。

しかし…デッキ構築がむずかしー。本心としてはイゼットをやりたかったのですが、たいしたカードは無い。で、ラヴニカから強いカードを持ってくるとどんどん3色目が濃くなっていく状態。ラヴニカブロックのドラフトで3パック目を開けたときは何色を狙えばよいのでしょうかww

とか言いつつ、L.E.D氏の引いたレアを見てみると…
1.《ディミーアの巾着切り/Dimir Cutpurse》
2.《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》
3.《神無き祭殿/Godless Shrine》
4.《火想者ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, the Firemind》
あと2枚はなにか。

…なんですか?この勝ち組は??そういや反対側の隣も赤緑のショックランド引いてたなー…orz

出来たデッキは3マナ3/1飛行ブロックに参加できない黒いヤツ2体入っているため空から攻める方向で。デカ物は2体のタッパーと《不眠の晒し台Pillory of the Sleepless》で何とかあしらう予定。気がつけばラジアとか出てみればいいやというお気楽な感じで。

結果は2-2。デッキ的にもっと上手く勝てたと思うんですが、どうにも事故に悩まされ、流れをつかめずに負けた試合が多かったです。

・当日のGoodPlay?
手札にあった《債務者の弔鐘/Debtors' Knell》を出すには土地が1枚足りないため、《隠れ潜む密通者/Lurking Informant》起動→墓地に落ちる大天使さま。で、ドローは土地。《債務者の弔鐘/Debtors' Knell》をノータイムで貼って、次のターンにはラジア様こんにちわ。
しかし《債務者の弔鐘/Debtors' Knell》は鬼過ぎる。相手の墓地からも場に出てくるってどういうことだ。

・当日のBadPlay?
2T→《哀悼のスラル/Mourning Thrull》1/1飛行、《魂の絆/Spirit Link》能力
3T→《短剣爪のインプ/Daggerclaw Imp》3/1飛行、ブロックに参加できない
4T→《金切り声の混種/Shrieking Grotesque》2/1飛行、黒支払ってプレイすれば手札破壊
あとは殴れば勝ち~と思ったら
4T返し→《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》場に出たら時自分のクリーチャー+1/+1か、自分以外のクリーチャー-1/-1
全滅。もちろんその後負けましたorz

白黒はなかなか強いと思います。《哀悼のスラル/Mourning Thrull》から始まるビートダウンに《影の槍/Shadow Lance》とか付いてくると負ける気がしません。それと、《魔法印》シリーズは色々いたずらが出来そうで楽しそうです。インスタントメントとかと組み合わせると面白そうです。

やっぱリミテッドはいろんなカードを使わなきゃいけないために面白いです。ドラフトしてぇぇぇえぇぇ。ああ、MOやれってことですか、そうですか。
スポンサーサイト

trackback

comment


<<イベントだったけど… HOME TOP はてさて。>>