ISDドラフト 3回目。

ピック譜

透明人間にナイフとフォークを持たせて殴り切ることしか考えていない感じ。
全体的に軽めで戦況を覆せるカードが無いため、本当に早いうちに仕留めれるかが勝負。

一人目。
ライブラリを責められたけど結局攻めてくるクリーチャーを止めきれずライフ負け。
《精神叫び/Mindshrieker》無双。
土地三枚で止まった上に色マナもひとつづつ。(三枚目の土地は無色)
《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker》にフォークとナイフを付けれたものの、ブロッカーに回さざる負えない状況に。相手の攻勢を凌ぐのも限界というところで、青マナゲット。
相手のアタッカーを《縫い合わせのドレイク/Stitched Drake》で止めれるようになったが、クリーチャーは大理ない状況。相手がフルアタックしてきたところを待ってましたと《大笑いの写し身/Cackling Counterpart》でドレイクコピーしてブロック完了。そしたら相手投了でなんとか勝利。
どっちもレアパワーで勝ってるな。

二人目。
《旅の準備/Travel Preparations》で4/4になった《果樹園の霊魂/Orchard Spirit》を無理やりタッパーで食い止めていたけど、結局《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》まで出てきて負け。
色事故にめげずに、フライヤーに《好奇心/Curiosity》つけたりと調子は良かったけど、結局《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》が出てきたあたりで戦線を構築できなくなって負け。

感想。
マナ域低めのビートを組んだつもりだったけど、まったくドローが咬み合わなかった印象。
最後の白マナ事故とかマナ配分的に考えたくもないわ。平地9なのに。とはいっても《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》に対応できたかというと不安だけどね。
二人目の対戦は速度を出しきれずにグダってやられた。ビートよりにした悪い所がそのまま出たような感じ。もっと尖らせても良かったかもしれないけど、あのレアに勝てるきがしない。自分で使っても止めようがないし。
スポンサーサイト

 HOME TOP next>>