スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長にドラフト

いつもどおりのピック譜

▼デッキ
白の主力飛行を3体盛り込んだデッキ。
《セラの天使/Serra Angel》
《正義の執政官/Archon of Justice》
《神盾の天使/Aegis Angel》
どれか出ればなんとかなる気がする。
あとは4体入ってる《ガラクの仲間/Garruk's Companion》がすてき。ガンガン相打ちできるお。
最終的には《踏み荒らし/Overrun》ぶっ放すわかりやすいデッキです。
隠し味はタッチ黒の《破滅の刃/Doom Blade》結構役立った。

▼1試合目
赤白。オーバーランぶっぱなして勝ちばっかり。
取られた試合はマナフラッドです。今回土地16+ランパン+マナリスの構成だったでどマナフラッド多すぎ。

▼2試合目。
相手に5分放置された。あと5分たてばなー。
赤黒。また赤かよ。
1本目は特に苦もなく勝利。2本目はマナフラッドで負け。
3本目、いつ《火の玉/Fireball》打たれるかビクビクしれたらなんとか《踏み荒らし/Overrun》が間に合ってぶっ潰す。《神盾の天使/Aegis Angel》のバックアップを受けたクリーチャーの強いこと強いこと。《焼却/Combust》されたけど。

▼3試合目
また赤白。赤多すぎだよ!
ガチの殴り合いの末、《神盾の天使/Aegis Angel》様が降臨して勝ち。
狂喜が怖くて相打ち撮りまくった結果、クリーチャーのないフラットな場に。
《神盾の天使/Aegis Angel》様がまたもや降臨し、無理やり《踏み荒らし/Overrun》でフィニッシュ。

今回は右手が光っとる。
デッキもレアパワー満載でどうにかしただけな気がする。

カードの感想。
《正義の執政官/Archon of Justice》は強い。うん、当然。
2/2に《殺戮の叫び/Slaughter Cry》で倒されたけど、リムーブで後腐れなく除去できるのがたまらん。

《神盾の天使/Aegis Angel》
クリーチャーを守ると神。いや、天使か。
パワーが高いクリーチャーなら本当に一方的にリソースを奪っていけるのがすごい。
蜘蛛を守れば空も守れるブロッカーに。こいつはすげぇ。

《セラの天使/Serra Angel》
出す→焼かれる。

《踏み荒らし/Overrun》
ホント引けば勝ちカード。アンコモンでいいのかおと思う。レアだとそれはそれで困るが。
わざわざgoogleスプレッドシートでダメージ計算式作っちゃうほど頭が働かなくなってる自分が悲しい。

チケット切れたからパック売ればまだ続けられる!あとはチャンドラ引けばPW5体制覇だお!

スポンサーサイト

 HOME TOP next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。