FC2ブログ

20190121 ラブニカの献身さわってみた。

茨の副官 1G 2/3 対戦相手の能力の対象になると、1/1トークンを出す。5G +4/+4が2T目に出ると結構勝てる。あ、Ranked Draftが M2019なんでただ(5000コイン)でできるのでそっちやってました。って違う。(なお、大体2-3のひどい成績を繰り返している・・・)

なお、アリーナメインにしております。
重い。もっといいPCほしい。

シールドを3回ほど。
・グルール多すぎ問題。とはいえ、BO1(再度なし1マッチ戦)で、大きさをいいことに相手の事故(と、こっちのブン回り)にかけてごり押しするのはまぁ、間違っちゃいない気がする。
テンポ取られたらそのまま死ぬ。(ボロスもそうだったけど)
・しかし、時間がたてば生物のサイズはシミックが上回る。
・6マナ6/6の混色でけーよ。ここまでつながるとサイズで負けることは無くなりそう。
・ラクドスも触ったけど、グルールの暴力に大体屈する。除去追いつかへん。

カード個別評価
・プテラマンダー
U 1/1 
飛行
7U:順応4 墓地のインスタントとソーサリーの数だけ、順応コストが下がる。
強い。少しスペル多めにした構成なら5マナくらいでは起動可能。暇なときに適当に起動すれば5/5飛行の誕生です。大体順応したくなるころにはマナ余ってるので、使いやすいですね。

・生術師の使い魔
UG 2/2
自分の生物の起動型能力のコストが2減る。(1以下にはならない)
T:対象の生物は、カウンターが無いかのように順応できる。
つまり、↑と組み合わせると、コストがさらに2減ったうえで何回でも順応できる。
(大体Uだけで、毎ターン+4/+4とそだつ)
プテラマンダーじゃなくとも、4マナ3/3 2U:順応2とかもすぐ化け物になる。
特に順応数が大きい奴は目も当てられなかった。
相手の1/4鳥に毎ターン+1/+1が乗る状況になってたけど、数値の暴力で勝てました。
(でも相手じっくり粘ればこっちもミスもあるしライブラリアウトで勝てたのでは?)

・混沌をもたらすものドムリ
2RB プレインズウォーカー 5
+1: RかBを出す。それで唱えた生物は暴動を持つ。
-3:ライブラリトップから4枚見て、生物を最大2枚手札へ加えて残りは下へ。
-8:終了ステップに、4/4のトークン出る紋章を得る。
まともに使えない状況しかないうえで負けたからよくわからん。
でも、マイナス能力、4枚見るでは少ないのでは??(2枚入るからいいのか?)

・恐怖の劇場
1BR エンチャント
自分のアップキープに、ライブラリトップをリムーブ。
相手がライフを失っていたら、リムーブされたカードを使用できる。
3R:対戦相手に1点ダメージ
そのターンだけではなく、ずっと使用可能(カードがいる間は)。
土地も置ける。マナフラ受けにもなる。結構構築でも強いのでは、こいつ…

・荒廃ワーム
4RG 4/5
暴動、トランプル
場に出た時下から一つ選ぶ
・格闘
・マナ能力以外の起動型能力を持つ土地を破壊。
さっすが神話レア!頼りになる!!リミテでは大体5点格闘。(十分すぎる)
これが6マナでいいんだからさすがだね。

・成長質の守護者
1G 2/2
2G:順応2
場に出た時、ライブラリから成長質の守護者を探して手札に加えてもいい。
最後の能力はリミテではインクの染み。
3T目4/4と考えりゃつよい。でもそれくらい。
なおグルールに返しでもっとおっきい子を出される。

・培養ドルイド
1G 0/2
3GG:順応3
T:好きなマナ1点。+1/+1乗ってたら好きなマナ3点でる。
最初のデッキが4色だったので、タッチにとっても助かりました。
3/5になれば戦力になるので、それが必要な膠着状態で余裕持って順応できるのは良かった。

・楽園等の議長、ゼガーナ
場に出た時に、+1/+1乗ってる生物の数だけドロー
2UG 4/4 
4UG:順応4
+1/+1カウンター乗ってる生物はトランプルを得る。
でかい!説明不要!!
無駄におっきく成長したほかの順応持ちも相手を殺せる準備が整う。さすがレア。
でもこのサイズでもグルール相手だと心もとなかったんだよなー
ドロー能力はそこまで狙って増やすこともない。

・集団強制
XXUUUU ソーサリー
X体の生物、PWのコントロールを得る。
重い。強い。
最低6マナ、色気出して8マナか。
色拘束がきつすぎる。でもアリーナの自動土地セット機能に頼ってると結構ちゃんと打てました。

・徴税人
1W 2/1
自分のターン、相手のスペルや起動型能力には1マナ余分にかかる。
死後1
シミック使ってると、構えて順応が途端にきつくなるのな。
しかしほかのものもそうだけど、死後うっぜぇ。2W 2/1死後2とか相打ち損にしかならない・・・

・不正相続
3B エンチャント
アップキープに1点ドレイン
5B:4点ドレイン
ほっとけば死ぬようになるのはほんと強いと思うし、オルゾフっぽいドレインだけど絢爛と愛称良すぎ。しかもこれコモンなんだな。

・蠢く遺跡
5R 6/6
場に出た時、+1/+1カウンターの総数を数え、相手はその数以下のパワーの生物ではブロックできない。
グルールの暴動と緑の順応でため込んだカウンターでどうぞ。(そう、された。)

・槍播き
R 0/2
防衛
T:各プレイヤーに1点ダメージ
自分もか!

あとアリーナの感想。
・デュエル画面が遅いです。
・Pass-Turnのキャンセル方法がわからん
・そっちからマナ使うなぁ!って良くなる。
・でも自分よりよっぽど賢い。
・自動パスのおかげで相手のプレイアブル状況がよくわかっちゃうw
・しかし、テンポは良い。サクサクプレイできるのは助かる。
・でも重い。もっとグラフィック強いPC買わねば。
みんな言ってることですね。
ガンガンパック向けるので、カード集める楽しさはこっちのほうが大きいかも。
その分トレード無いので、最低限の金で欲しいカードを集めることはできないのが「とりま触ってみよっと」が難しい気がするが、とりあえず触れてみよう!にはいいかもしれない。




スポンサーサイト

20181106 GRN Friendly Sealed League

ディミーアさん、最終的に5-4でした。やっぱり最後の1勝が取れない・・・
とはいえ、想定される敗着手をケアできてなかった自分のミスではある。

状況:2/2に育った虫(UB 1/1 飛行 威迫 諜報で+1/+1カウンターが増える)でちまちま殴ってとうとう相手のライフを1にする。次のターン殴れれば価値。場には3/2瞬速。手札には宿根-X/-X。墓地の生物は1枚。
相手はセレズニア+ゴルガリの3色均等っぽい

今まで見てた対応されそうなカード
・2Wのアタック・ブロックを封じるエンチャント
・1G 飛行と格闘できる3/2

相手が生物展開しまくって、全力アタック。こっちのライフは18くらいだったのでブロックせずスルー。その後、1G格闘が残った2マナからこんにちわ。なすすべなく虫は除去される。
アタックに対して、3/2でどれか相打ち取れれば、1G場にでて格闘スタックで-2/-2で除去れた。

この試合、3T目に世帳の捕食者(UUBB 3/3飛行接死呪禁)を2枚を漂流自我で抜かれて(しかもうち1枚は手札)フィニッシャー欠番状態でもうダメぽと思って所だったからもう少しだったのに…そのあとは相手の場には生物4体くらい、こっちは3/2のみで心が折れて投了したけど、その後土地→ラザーヴと来てたのでワンちゃんあったかもしれない。

というわけで今度はポイント貯まったので即ビリビリ。
なんかレアが「セレズニアでよろしく!」だったので、適当にレアと色の合うカードいれたセレズニアができたけど、飛行対策心もとないわ、2マナ域1枚しかないわ、不安しかねーぞ。
ちなみにレアは、分割(2マナで+1/+1乗っけて、破壊不能にする/4WGで2/2警戒×3)、白の天使(4WW 5/5 教導、死ぬと白の生物に+1/+1カウンター撒く)、召集でカウンター乗せるロクソドン、+3/+3×3、マルチカラーに+1/+1カウンター乗せれるマナの出せる土地、轟音のクラリオン(1WR ソーサリー、全体3点ダメージが、絆魂つけるか、両方)の6枚を盛り込みました!
タッチクラリオン!赤マナソースは2枚!

1戦だけやったけど、ディミーアの生物3体をクラリオンで流し、5/5絆魂に格闘スペルで1/4を除去し更地にしながら5点回復してさらに5点パンチとか気持ちイイね!!(その後膠着したが、2/23体生成してブロッカーを2Wエンチャで無効化する超レア頼みのプレイ)
(2本目は5/5天使を+9/+9して相手の12点のライフを刈り取る超レア頼みプレイ)
こりゃあれだな、レア引けない=負けるだな。


20181105 GRN Friendly Sealed League

はて、何回目だ?
9回戦終わる→即Join→ちょっと戦う→前回のデッキと混乱するという気持ちの切り替えができていないムーブ。困った。

今回:典型的なディミーア。3/2瞬速が4枚、UUBB 3/3 飛行 接死 呪禁が2枚。その他諜報カードがそこそこあるが、諜報トリガーカードが1/1 飛行 威迫のみ。レアはラザーヴ。なお、3/4飛行はいません。致命的な訪問は1枚あるよ。
今のところ2-2。ボロス相手に色気を出して、レア多めのセレズニアで言ったけど、色の愛称良ければ強いわけじゃないんですよね。ボロス相手にサイズ負けしてたよ。そりゃ3マナ3/3とかいないから是非もないよね!

前回:ゴルガリバニラビート。スペル枠6枚は除去。勝ち筋は蜘蛛から4マナ、5マナの宿根を目指す。
バニラビート的な動きは結構うまく動けて、悪くはなかったけど、最終的には4-5・・・残念・・・。昨日書いた通り、2本目にディミーア相手にボロス選択したけど、そもそもボロスあんまり強くないし・・・というオチ。それが無ければもう一勝くらい拾えたんちゃうか?
除去たっぷりとはいえ、ニヴ様除去→青黒分割で復活とかはさすがに無理ww

その前:ゴルガリギルド門スペシャル。門7枚とギルド門剣と5色で回収できるアーティファクトクリーチャーを使いまわすデッキ。剣が出れば大体勝てる。自前で接死と寄せ餌もってるエルフにつけるとそりゃえぐいことにとかできるけど、そんな都合のいい動きはそうそうできない。結果はたしか5-4。うーん、6勝したい…。

ゴルガリ弱いっていうけど、そこまで弱い感じはしない。
とにかく生物同士を戦闘でお互い1対1交換を続ける・・・というのがポイントだと思う。
だから序盤の相打ち超おっけーアタックが大事な気がするよ。

20181104 Friendly Sealed League

前回のゴルガリバニラビートは最終的に4-5でした。
あいてディミーアだし、こっち先行だし、せっかくだからボロスでいくぜ!ってやってみてこっちがボッコボコにされまくるということがなければ5-4くらいにはなったかもしれません。

ボロス弱い(引きに左右されすぎる)。

しかし、ディミーアでデッキ作ったらボロスにぼっこぼこにされる。
(土地5枚引いて全部沼)

うーん、引きってーか、デッキ選択の問題なのかなー

20181101 GRN Friendly Sealed League 何回目だ?

気がついたら実験の狂乱が3枚溜まってるぞ…??

で、今回のカードプールは?
・・・青のカードが絶望的に弱い・・・つまりイゼット、ディミーアが死亡?
というわけで、セレズニア、ゴルガリ、ボロスのデッキを組んでみたが、ぱっとみどれも2級品。

ゴルガリ:これといった決め手がない。せめてギルド剣・・・
セレズニア:1/3飛行か、2/3飛行教導とかで空から行けそうだけど、サイズが足りない。イマーラちゃんがいても数を有利に持っていくカードもない。
ボロス:2マナ域がとっても充実してるけど、コンバットトリックも無ければ1マナの鳥もいない。

といった具合。ちょうど今日、Cygamesの記事で「ゴルガリバニラビートダウン」記事を読んだので、肉多めのゴルガリで行くかと。さらにギルド門持ってくる3マナ2/2が2体、イゼット門、戦親分(2赤 2/2 教導 戦闘開始時に1/1ゴブリンを出す。)とエトラータ(2黒青 3/5 ブロック不可 ダメージが通ると、相手の生物取り除いて自分はライブラリに戻る。あとはインクのしみ)を無理やりタッチ。レア4枚ぶっこんだ、生物18枚、除去6枚、土地17枚の41枚デッキが完成。え?1枚削れよって?

で、1戦目。
ボロスにガッツリ責められて残りライフ1から、4マナ10/10誕生→やむを得ず除去の生贄にした結果、10点ライフ回復、その後4/4 宿根でライフ回復で気がつくとライフが20に戻ってました。
あとは4/4で殴って勝てた。とか。

2戦目の3本目、相手がX緑白を生物3体で召集して6/6で召喚→2黒黒の3マナ以下破壊で更地に
→相手から怒りのチャットがとどきだす・・・!
とか。

「おい!セット見直したけどそんなカードあったのかよ!」
「*4文字*」
「黒が弱いと思ってたけど間違いだったわー」
「その卑怯な全体除去のおかげでお前の勝ちだわ」
「そんなカードがあるかもしれないって思ってたけどさー」
いや、盤面的にはイーブンじゃないですかー。
5/5トランプル出てきたから、致命的な訪問っと
「おい、除去10枚位入ってるの?」
「汚い、マジ汚い」
「そんな褒美を神様からもらいたかったぜー」
「これで4パックもらえるところだったのになー」
除去6枚っす。盤面はまだ五分ですぜ?
お、やっと4/4引けた。ほらよー(ついでに5ライフゲイン)
「あー、ゴルガリビートはセレズニアにはきっつい」
4/4の召集するとカウンター置くやつを素で出してきた
「こいつ来るの遅ぇよ…」
うん、そいつが一番怖かったから致命的な訪問っと(2枚め)
「全部除去られるwwww」
その後、8/8と3/1飛行を出してトドメ。

いやー黒は強いよ。弱いのは緑だよ・・・??
というわけで現在2-0。こうやって調子こいた記事書くと負けるんやで。






 HOME TOP next>>